資金繰りで手形を使うこと

資金繰りの方法として、今でもポピュラーなのが、手形を割ることです。


様々なサービスや商品を販売して、企業は成立たせているわけですが、その支払いが現金とは限らないです。

有望なファクタリングの比較に関する特集が満載です。

或いは数ヵ月後に支払う、と言うこともあります。



小切手はそのまま銀行に持っていけばすぐにでも現金にできますが、手形払いの場合は別です。

手形と言う制度があり、これはいつに支払います、と言う約束をして、発行する証明書のような物です。

これを支払手形とか受取手形などと呼びます。
資金繰りで困ることがあるのは、これが原因として多いです。要するにその場で現金に出来るわけではないので、仕入れの代金や従業員の給料など、毎月発生するような費用の支払いに使えないわけです。

そこで金融機関が提供しているサービスの一つである手形の引き受けをしてもらうわけです。

これで資金繰りをしているところは多いです。

手形はいつに支払う、と決まりがその手形ごとにあるわけですが、それよりも前に現金にしてもらいます。

当然ですが、そこから手数料などは引かれることになります。

それでも現金に出来ることは実に大きなメリットです。

この手形を現金化してもらうことを割ると呼びます。


銀行のみならず、質屋などでもやっていることがあります。
但し、割引率に違いがあります。
それにそもそもどこが振り出している手形なのかによっても信用度が違うので割引率が変わってきます。そこもよく知っておくことです。